メルカリ

メルカリ便のコンビニ発送を比較!セブン,ファミマ,ローソン3社で使ってみた!

こんにちは、サムです!

メルカリ便がセブンイレブンで発送できるようになりましたね!

これで、メルカリ便が発送できるコンビニはファミリーマート(サークルKサンクス)ローソン、セブンイレブンの3社になりましたね!

私はメルカリユーザーで最近取引が300を越えました!!

今までの取引ほとんどがメルカリ便なのですが、本当に便利で簡単です!

今回始まったセブンイレブンでメルカリ便を発送してみて、それぞれ発送方法が違いがあるな思ったので、その違いを記事にしてみました!

 

メルカリ便の種類

メルカリ便の特徴は匿名配送が使えるところですよね!

匿名配送はこちらも相手も名前や住所を公開せずに取引ができます!

この匿名配送がフリマで知らない相手と取引をするというハードルをぐっと下げましたよね!

私もほぼ匿名配送を使って取引をしています!


スポンサーリンク

 

らくらくメルカリ便ヤマト運輸です!

発送できるコンビニはファミリーマート(サークルKサンクス)セブンイレブンの2社です。

ゆうゆうメルカリ便日本郵便です!

発送できるコンビニはローソンのみになります。

らくらくメルカリ便とゆうゆうメルカリ便はどちらも匿名配送ができる便利なシステムですが、

送れるサイズと価格は少し違ってきます。

 

らくらくメルカリ便

  • ネコポス(A4サイズ厚さ2.5㎝) 195円
  • 宅急便コンパクト(専用BOX) 380円(箱代65円)
  • 宅急便(60~160サイズ) 600円~1500円

 

ゆうゆうメルカリ便

  • ゆうパケット(A4サイズ厚さ3㎝) 175円
  • ゆうパック(60~100サイズ) 600円~900円

 

ゆうパケットもネコポスもA4サイズが送れますが、サイズと価格が微妙に違います!

この0.5㎝の違いが結構重要なんです!

左の本は2㎝なのでどちらでも発送できますが、右の本は3㎝なのでゆうゆうメルカリ便でしか発送できません!

その上、ゆうゆうメルカリ便のほうが価格も20円ほど安いので低単価のものを発送するにはゆうゆうメルカリ便の方が利益が残りますよね!

 

宅急便コンパクト

らくらくメルカリ便のみ対応しているのは、宅急便コンパクトです!

これはヤマト運輸での取り扱いです。

2種類の専用BOXがあります。

薄型BOXのサイズは縦24.8cm×横34cm

BOX型のサイズは縦20㎝×横25㎝×高さ5㎝です!

専用の箱を購入しないといけませんが、
60サイズの宅急便まではいかないけれど、メルカリ便では送れない物の発送にとても便利です!

私が今まで宅急便コンパクトで送ったものは、化粧品やおもちゃなどですね!

こんな感じに詰め込みました!

少し厚みがあって、潰すことができないものですね!

普通郵便だと重量で値段は変わってきますが、宅急便コンパクトだと定額ですし、追跡もあるので安心して使えます!

今までメルカリでトラブルになったことはありませんが、追跡があって匿名配送ができる方が安心ですよね!

 

宅急便やゆうパックの大きさもヤマトの宅急便の方が160㎝まで対応していますので、さまざまなサイズに対応できるのはらくらくメルカリ便なのかなと思います!

 

ゆうゆうメルカリ便はスマホでの出品の時のみ選択できます!

スマホでゆうゆうメルカリ便で出品した場合、パソコンでの価格変更や商品情報の変更はできません!

スマホだけしか使っていない方は問題ないですが、私は大量に出品するときなどコメントを書くのにパソコンの方が楽なので、パソコンで価格変更ができないのもめんどくさいなーと感じることもあります。

ただパソコンで出品した場合でも、商品が売れた際に「らくらくメルカリ便」か「ゆうゆうメルカリ便」かを選択することができます

このらくらくメルカリ便を使わないをタップすると、ゆうゆうメルカリ便を選ぶことができますよ!


スポンサーリンク

発送方法

匿名配送で住所や名前を公開しなくていいのももちろんですが、発送するときに相手の住所や名前を書かなくていいというのも、発送が簡単にできてとてもいいですよね!

ただ、らくらくメルカリ便もゆうゆうメルカリ便も使ってみて、さらにファミマ、ローソン、セブンイレブンと3店で発送してみて、発送までもの手続きも少し違いがありました!

 

ローソン

  1. ロッピーでQRコードをかざす
  2. 出てきたレシートを持ってレジへ
  3. 荷物に袋を貼る(伝票を入れる袋)
  4. 伝票を自分で切り取り袋に入れる

ローソンでの発送は説明書きと伝票ABCを切り離して、重ねて入れるという手間があります!

また伝票を入れる袋が大きくて貼りにくいのと、ビニールなので入れにくいなと感じます(^^;

 

ファミリーマート

  1. ファミポートで(配送→メルカリ便を選んでQRコードをかざす
  2. 出てきたレシートを持ってレジへ
  3. 荷物に袋を貼る(伝票を入れる袋)
  4. 伝票を入れる

 

ファミリーマートはファミポートでの操作があります。

画面光りすぎて見にくいですね(^^;すみません!

少しの手間ですが、ローソンのロッピーのように何もせずにQRコードをかざすのに慣れてしまうと少しめんどうに感じます。

ヤマト運輸は伝票を入れる小さくて貼りやすく伝票も入れやすいです!

伝票も一枚だけなのでわかりやすいですね!

 

セブンイレブン

  1. 発送画面のバーコードをレジで提示します
  2. 荷物に袋を貼る(伝票を入れる袋)
  3. バーコードを読み込んでもらい、出てきたレシートを差し込むだけ

セブンイレブンにはロッピーやファミポートのような機械がないので、直接レジに持っていきます。

レシートが出てくるだけなので、出できたレシートを1枚入れるだけです!

 

さらにヤマト運輸なので、伝票を入れる袋も入れやすいものです!

セブンイレブンのの発送は1番簡単でした!

まとめ

メルカリ便が発送できるローソン、ファミリーマート、セブンイレブンの比較をしてみました!

はじめはファミマでしか送れなったメルカリ便も、ゆうゆうメルカリ便のローソンが増え、セブンイレブンでも送れるようになり、どんどん便利になりますね!!

ローソン

  • ゆうパケットのサイズが大きく、価格が安い
  • ロッピーでの操作がなくてわかりやすい
  • 伝票袋が大きく入れにくい、伝票を切るのが手間

ファミリーマート

  • 伝票袋が小さくて伝票が入れやすい
  • 伝票を切るのが手間
  • 宅急便コンパクトが送れる

セブンイレブン

  • 機械操作がなく、スマホの画面を見せるだけ
  • 伝票袋が小さくて、レシートを入れるだけで楽

 

私の家はローソンが一番近いので、基本的にはローソンでゆうゆうメルカリ便を送っています!

3㎝のサイズが地味に助かっています!

今回初めてセブンイレブンで発送してみて、発送の楽さやわかりやすさは1番だと思いました!

宅急便コンパクトを送るときやセブンに行こうかなと思います!

セブンのコーヒーが大好きなので、コーヒーのついでに発送っていうのもいいですよね!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 


スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。